加入收藏 | 设为首页 |

世界経済の成長に新たな一層のチャンスをもたらす

海外新闻 时间:2019-11-15 浏览:
来源: 人民日報 第2回中国国際輸入博覧会ならびに虹橋国際経済フォーラム開幕式の会場(翁奇羽撮影) 第2回中国国際輸入博覧会開幕式で行った基調演説で、中国の習近平国家主席は経済のグローバル化が阻むことのできない歴史的潮流であることを深く明らかに

来源:人民日報

 



第2回中国国際輸入博覧会ならびに虹橋国際経済フォーラム開幕式の会場(翁奇羽撮影)


第2回中国国際輸入博覧会開幕式で行った基調演説で、中国の習近平国家主席は経済のグローバル化が阻むことのできない歴史的潮流であることを深く明らかにし、共に経済のグローバル化の推進力をより強くより良いものにし、障害をより減らすための3つの提案を明確に示し、より高水準の対外開放を持続的に推進するうえでの中国の5方面の措置を発表し、開放の拡大を堅持し、世界経済の成長に新たな一層のチャンスをもたらすという中国の自信と決意を世界に表明し、開放型世界経済と人類運命共同体の構築推進に積極的な貢献を果す中国の責任感をはっきりと示した。人民日報が伝えた。


中国国際輸入博覧会は輸入をテーマとする世界初の国レベルの博覧会だ。中国が輸入博覧会を開催し、自ら進んで輸入を拡大するのは、新たな高水準の対外開放の推進、「一帯一路」共同建設国際協力の深化、開放型世界経済の共同構築に着眼した自発的行動だ。第1回輸入博覧会を基礎に、今回は新たな発展があり、計155の国と地域、26の国際組織が参加し、展示面積は36万平方メートルに達し、64か国が国家展を設け、3893社が企業展に参加している。輸入博覧会は短期間で急速に世界各国企業の広範な参加を呼び込み、世界貿易の発展の歴史における大きなパイオニア的事業となり、新時代の国際協力の新たな重要なプラットフォームとなった。習近平主席は演説で第1回輸入博覧会以降の中国の各開放措置の実行状況を振り返った。これは中国が約束と信頼を重視順守し、貿易の自由化と経済のグローバル化を揺るぎなく支持し、開放の扉をより大きく開いていくことを示すものだ。



 

第2回中国国際輸入博覧会中国館(呉斯潔撮影)


経済のグローバル化は不可逆の歴史の大勢であり、世界経済の発展に力強い推進力を与えてきた。保護主義と一国主義が台頭し、経済のグローバル化が波瀾を迎える中、習近平主席は遠大な視点に立って「経済のグローバル化は歴史の潮流だ」と明示し、「大河が勢いよく前へ流れる勢いは誰にも阻むことができない」と指摘した。習主席は演説で「開かれた協力を行う世界経済を共に建設する」「開かれたイノベーションを図る世界経済を共に建設する」「開かれた共有という世界経済を共に建設する」ことを提唱した。これは各国がより開かれた心と措置によって、世界市場のパイを共に大きくし、世界が共有するメカニズムを確かなものにし、世界協力の方法を活性化し、経済のグローバル化の原動力を共に大きくし、障害を減らし、より開かれた、包摂的で、あまねく恩恵を及ぼす、均衡ある、ウィンウィンの方向への経済のグローバル化の発展を後押しすることを望んでのものだ。


今年は中華人民共和国成立70周年だ。過去70年間で中国共産党は中国人民を率いて世界的に稀に見る発展の奇跡と社会の長期的安定の奇跡を創造し、中華民族は立ち上がり、豊かになり、強くなっていく偉大な飛躍を迎えた。歴史の長期的視点から見ると、中国の発展は全人類の進歩の偉大な事業だ。習近平主席は演説で、引き続き市場開放を拡大し、開放構造を整え、ビジネス環境を最適化し、多国間二国間協力を深め、「一帯一路」共同建設を推進する考えを打ち出した。この5方面の重要な措置は、まさに開放により改革を促進し、発展を促進し、イノベーションを促進し、さらに高水準の対外開放を推進し続け、各国にさらに多くの市場のチャンス、投資のチャンス、成長のチャンスを提供し、共同発展を実現するためのものだ。未来に向かい、中国経済発展の展望は必ずやより明るいものになる。中国は対外開放という基本国策を堅持し、経済のグローバル化の前向きな発展を共に後押しする。



 

第2回虹橋国際経済フォーラム分科会の会場で真剣に話を聞く参加者(人民日報記者曁佩娟撮影)



bet36备用网址_bet36备用官网 (http://www.cnbloger.com/star/overseas/42801.html):世界経済の成長に新たな一層のチャンスをもたらす

何君尧遇袭受伤 香港各界谴责袭击行为

何君尧遇袭受伤 香港各界谴责袭击行为

来源: 环球网 今早(6日)8时许,香港立法会议员何君尧在位于屯...[详细]

德仁天皇登基典礼:东京湾出彩虹、富士山初冠雪

德仁天皇登基典礼:东京湾出彩虹、富士山初冠雪

中文导报讯 日本时间10月22日下午13时,新天皇向国内外宣告登...[详细]